アーティスト・クリエイターの活動を支援する|Artist Connect Coin

我々は世界中の全てのジャンルの「創造者」をターゲットとした
クリエーターの活動を支援し世界規模で業界を活性化するソーシャルメディアです

詳しくはWhitepaperをご一読ください

NEWS

12/20 コンテンツL社 業務提携ミーティング

12/20 ゲームS社 業務提携ミーティング

ACJの特徴についてProperties

信用と安全

すべての操作はSmart Contractで行われます。信頼は不要です。私たちは決してユーザーのトークンを保有しません。

高品質

我々は高い流動性を提供するために全てのトークンの引当を維持しています。取引しすぐにあなたのトークンを入手してください。

瞬時の取引

確認を待つ必要はなく、デポジットは必要ありません。取引がブロックチェーンに含まれるとすぐにトークンを取得してください!

互換性

既存のSmart Contractと互換性があります。Artist Connect Coinとの統合に変更は必要ありません。

ACC(Artist Connect Coin)とは?What is ACC?

ACC(Artist Connect Coin) とは、プロ、アマ分け隔てすることなく全ての、アーティスト、 クリエーターの活動を支援し世界規模で業界を活性化するソーシャルメディアです。 アーティストというと、日本ではシンガー、ミュージシャンなどと狭い範囲で捉えられがちですが、 我々は世界中の全てのジャンルの「創造者」をターゲットに考えています。 そして、トークンという報酬をキードライバーとして、全ての創造物の世界の需要と供給を繋いでいきます。

ICOInitial Coin Offering

  • EthereumEthereum
  • Artist Connect CoinACJ

トークンセール中

HOW TO JOIN

下記4項目すべてに合意できる方のみ「CONTINUE」リンクを押してください。
私は利用規約、プライバシーポリシー、ホワイトペーパーを読み、すべてに同意します。

私は米国、中国、シンガポールの市民ではなく、また本拠地や住居もありません。

私は居住あるいは現在滞在している国の法律や規則を守っています。

私はACJがブロックチェーン上に作成されたデジタルトークンであることを完全に理解していることに同意します。

※理由の如何に因らずCONTINUEリンク押下後は上記4項目すべてに合意したものとみなします。

warning!

この取引はイーサリアムコントラクトアドレスへの送金です。
絶対に取引所から直接イーサリアム(Ethereum)を送らないでください。
必ずERC20準拠のトークンを扱えるウォレット(MyEtherWallet,Metamaskなど)より送付する必要があります。
詳細な送金方法や、送金後の操作についての説明は こちら の記事をご欄ください。

Artist Connect Coin ICO 送金先アドレス:

・推奨ガスリミットは200000です。
・上記のアドレス以外に送金しないようにご注意ください。
・ERC20準拠のトークンを扱えるウォレット以外からの送金(取引所等からの直接の送金)をしないようにご注意ください。
上記の説明に沿わない操作による損害について、運営側では一切の責任を負いかねます。
お問い合わせはinfo@accoin-japan.jpまで

ロードマップについてRoadmap

2017.7
プロジェクトアイデア
2017.8
開発コンセプトの検討
2017.9
プラットフォーム開発開始
2017.12
ICO開始
2018.1
ACJ上場交渉開始
2018.4
プラットフォーム基礎開発完了
2018.9
プラットフォーム開発完了
2018.10
ACCオープンプラットフォーム開発開始
2019.9
オープンプラットフォーム化完了、API公開予定了

チームTeam

Shinobu Hirooka (CEO)
20年以上エンターテイメント関連ソフトウェアの設計、プログラミングやソーシャルメディア開発などアーティスト・クリエイターに関連する業種のプログラム開発を幾多と経験し、人に伝える、人をつなぐシステムに精通。また同時に15年以上、主にアジア各国とのビジネスをITに留まらず展開し、国ごとに文化・考え方の違いなどに触れ、環境の違う人達と目標達成に対する意識統一を図る手法も経験則から会得。知識だけでは成し得ないACCプラットフォームの展開に実体験からのエッセンスを投入する。
John Kang (CMO&CSO)
韓国で20年間、大手企業プロジェクトの事業総括と設計でポートフォリオを築いてきた代表的に三星電子ライブウォール・ペーパー、LG電子ニューチョコレートフォン、KT Giga Genie現代自動車モータースタジオデジタルなど韓国を代表する大型プロジェクトの総括に設計及び開発を進めてきており、現在まで医療界、スポーツ界にIT諮問委員として活躍中。ブロックチェーンと暗号通貨を通じて新しいパラダイムの可能性を見出し、国内外の多様なブロック基盤ネットワークを通じて様々な可能性に出会う。最近の成果としてKyber Network(KNC)のパートナーとしてアジア市場を成功に導いており、ファウンダーであるBitservicesのCEOでもある。ACCに可能性を感じて次は日本での成功事例を目指す。
Yasuhiko Fujii (CCO)
長年ゲーム業界にて経営・開発に携わりアーティスト・クリエイターへの造詣も深く、自身も「スーパーメトロイド」「カエルの為に鐘は鳴る」などのプログラマーを歴任し、クリエイターとしての表現を追求している。現在はその多様な人脈から学習ソフトの開発などにも携わるが、「ユーザーに喜ばれるコンテンツ作り」の視点がここでも活かされている。今回のACCについてアーティスト・クリエイターが如何に自由に表現し創作活動を進めて行けるのかを追求し、業界全ての底上げを念頭に置いたプロジェクトであるということに共感し参画を表明した。
David Lee (Adviser)
ビットコインの初期から暗号通貨に対する研究と事業化に携わるBitservicesの顧問(Advisor)ファウンダーとしてIT・金融のインフラを活用し、多様な暗号通貨事業者と開発者とのネットワークを形成。暗号通貨パートナーのうち、ファウンダー成果としてKyber Network(KNC)の創設者達と共にアジア市場で成功に導いてきた実績を持つ。持続的な海外パートナーとの良い出会いを果たすために尽力している。
Kevin Clone(Adviser)
国際コラムニストであり映画監督、上場企業の顧問や国際コンサルタントと多彩な顔を持つ。政治経済から人類学まで多岐にわたる知識と世界の政財界人脈を活かし、ACCの継続的発展に多大なるバックアップを行っている。